明治座

明治座明治座チケットセンター 営業時間 10:00~17:00
03-3666-6666
巴御前 8月4日(水)~8月25日(土)

2005年舞台「あずみ」で衝撃的な立ち回りを見せた黒木メイサを主演に迎え、
故つかこうへい氏のDNAを受け継ぐ岡村俊一の演出でおくる、
剣と愛に生きた巴御前の新たなる伝説。

初日終演後に囲み取材が行われました。



左から、愛原実花、的場浩司、大河元気、黒木メイサ、堀井新太、西岡德馬、山崎銀之丞

稽古場レポートをお届けします!!

7月26日。暑さ厳しい中、都内のスタジオで行われた「『源平盛衰記』異聞 巴御前 女武者伝説」の公開稽古に集まった報道陣はおよそ100人
本公演は、黒木メイサさん演じる女性自衛官・朝陽(あさひ)が源平争乱の時代にタイムスリップ、「巴御前」となり、木曾義仲とともに理想の世の中を作るべく戦いを挑む物語です。 公開稽古では、朝陽がタイムスリップした直後の場面や、有名な倶利伽羅峠(くりからとうげ)の戦い、そして木曾義仲と源頼朝との決戦という、3つのアクションシーンが披露されました。

最初に始まったのは黒木さん演じる朝陽がタイムスリップしたシーン。 周囲の様子がおかしいことに戸惑う朝陽。そこに襲いかかる源平時代の武士たち。自衛官の朝陽はサバイバルナイフを手に、次々と敵を倒します。
続いて行われた、倶利伽羅峠の戦いや木曾義仲と源頼朝との決戦の場面の稽古でも、迫力のある立ち回りが展開されました。
黒木さんは、サバイバルナイフや刀のほかにも、薙刀を使った殺陣も披露。武士役の男性俳優たちをバッサバッサと斬り捨ててゆくその姿は、本当に「かっこいい!」。 それでも演出を担当する岡村俊一さんによれば「いつもはもっとすごいんですよ。今日はカメラが回っているから、みんな緊張してたかな」とのこと。 ますます本番が楽しみになってきました。 是非劇場で、ライブならではのアクションシーンを体感してください!

囲み取材の様子

公開稽古の後、囲み取材が行われました。



---まずは今回の役どころの紹介と公演に対する意気込みをお願いします。
【山崎銀之丞】僕は的場浩司さんの演じる木曾義仲の家臣の一人を演じます。久しぶりにメイサさんと共演させていただくのを心から楽しみにしていました。 ぜひ、劇場に足をお運びください。
【堀井新太】源義経と新田義彦の2役をやらせていただきます。義経は德馬さん演じる頼朝の弟です。座長のメイサさんと德馬さん、的場さんが引っ張っていってくれるので、僕も頑張ろうという気持ちで一杯です。稽古の時は残って練習をしたり、家でも刀を振っています。最高の舞台にしますので、皆さんよろしくお願いします。
【大河元気】的場さん演じる義仲四天王の一人、今井兼平役をやらせていただきます。錚々たる出演者の皆さんに囲まれて、素晴らしい舞台に参加させていただけると実感しています。足を引っ張らないように頑張ります。
【愛原実花】的場さん演じる義仲の妻・葵御前と、堀井さん演じる義経の妻・静御前の2役をやらせていただきます。作品の中で自分の持つ役割をきちんと考えながら演じたいと思います。どうぞよろしくお願いします。


---西岡さんは今回、源頼朝の役ということで、たいへん渋くてかっこいい役ですね。意気込みをお願いします。
【西岡德馬】私が演じるのは歴史上実際にいた人物ですので、とても難しいですね。今回は敵役を演じます。盟友つかこうへいの流れを汲む舞台なので、稽古場では楽しみながらやっています。黒木メイサさんってすごいでしょ?彼女の体力と気力、それから的場浩司さんの迫力に負けないように、老体に鞭を打って(笑)大敵役ができればいいなと思っています。この二人はとても真摯に稽古をしているんですよ。稽古場はまるでつかこうへいがいるみたいで、その雰囲気が楽しみで毎日稽古をしています。夏の暑さに負けず頑張っていますので、ぜひご覧ください。

---続いて、的場さん、役どころや意気込みをお願いします。
【的場浩司】木曾義仲を演じます。稽古に入って20日くらい経ちますが、他のキャストやスタッフも熱を持って稽古をしているので自分もそれに引っ張られてます。メイサと一緒に芝居をしたのは8年前の明治座「あずみ」の舞台でした。演出も今回と一緒で岡村さんでした。その時はメイサはまだ10代だったんですけど、今はこんなに素敵な女性になり、本当に立派な女優さんです。たぶん、アクションをやらせたら日本一ですよ。今回のメイサのアクションシーンは、見とれてしまいます。それぐらいすごいので、ぜひ皆さんにも見ていただきたいと思います。
---それでは黒木メイサさん、お願いします
【黒木メイサ】今回の舞台は現代から過去にタイムスリップするところから始まります。現代では清水朝陽という自衛官で、過去に戻り巴御前になってゆくというお話です。すごく難しい役どころではありますけど、アクションの部分であったり、期待していただいている以上のことをやります。

---黒木さん、先ほど的場さんのお話にもありましたが、最近演技の面でレベルアップしたところはありますか?
【黒木メイサ】そうですね、とにかく一生懸命に全力でやっています。
【的場浩司】いやいや、シャレにならないくらいすごいですよ。ホントですよ。(会場笑)。德馬さんとも話していたんですけど、黒木メイサのアクションはすごいです。
【西岡德馬】僕が今まで共演した女優の中でナンバーワンだと思いますね。キレが違う。

---黒木さん、舞台のお仕事は久しぶりですよね?

【黒木メイサ】今までは一年に一度くらいは舞台をやらせていただいていたんですけど、今回は3年ぶりの舞台です。体力的に心配な部分もあったのですが、稽古に入る前からアクションの稽古を始めさせてもらいましたので、不安は解消されました。
【西岡德馬】(公開稽古で)続けて3つのアクションシーンを見ていただきましたけど、これを連続でやるのは大変なんですよ。

---巴御前は強い女性で、木曾義仲から守られるけど守る立場でもありますよね。
【黒木メイサ】すごく難しいお話ですが、見ていただく方にはわかりやすく楽しんでもらえる作品にはなっています。演じるに当たっても難しいところはあります。信じると決めたことは信じてやっていきます。的場さんと8年前に共演させていただいたときは、まだ10代だったというのもあり、守ってもらうこともありましたが、今回は少しでも力になれるように頑張ります。

---公開稽古で、演出の岡村さんより「2ヶ月間の秘密のトレーニングの成果を見せろ」という話がありましたが、どんなトレーニングをしていたんですか?
【黒木メイサ】それは、本番を見ていただければわかります。ぜひ見に来てください!

---本日の公開稽古のシーン以外でもアクションシーンはありますか?
【的場浩司】いや、すごいですよ。ホントにすごいです。出てる人間がこれはヤバイというくらいアクションをやってますので、本当にすごい舞台になります。



---最後に一言コメントをお願いします
【黒木メイサ】「『源平盛衰記』異聞 巴御前 女武者伝説」8月4日から明治座で始まります。感じていただくものがあるはずです。皆さんの一日を「巴御前」を楽しむのに使ってください。お待ちしております!



2013年7月26日 都内スタジオにて