明治座

明治座明治座チケットセンター 営業時間 10:00~17:00
03-3666-6666
氷川きよし特別公演

3月18日から「迷い子」歌唱スタート!

3月18日から「氷川きよしコンサート2015in明治座」の曲目が変わります。
どちらの曲もお楽しみください!

【変更曲】

貝がら子守唄
(さすらい慕情Aタイプカップリング曲)

→→

迷い子
(さすらい慕情Bタイプカップリング曲)

3月12日昼の部終演後、一日消防署長委嘱式が開催されます

3月12日に、氷川きよしが日本橋消防署の一日消防署長を務めます。
終演後、舞台上で一日消防署長の委嘱状を受けた後、氷川きよし署長の号令でご観劇のみなさまに一斉避難訓練をしていただきます。
避難訓練へのご協力のほどお願い申し上げます。

【お願い】

当日の避難訓練の詳細につきまして、日本橋消防署へ直接お問い合わせいただくことはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

氷川きよし特大パネル展示&プレゼント

明治座の建物2階と建物3階ロビー(1階客席)に氷川きよしの特大パネル(非売品)が登場します。
さらに、当公演のプログラムをご購入いただいた方から抽選で同サイズ・同デザインのポスターを5名様にプレゼント。
撮って、応募して、お楽しみください。

特大パネル

【プレゼント応募対象】 2015年3月「氷川きよし特別公演」プログラムをご購入のみなさま
【応募方法】 プログラム1冊につき、1枚の応募用紙をお渡しいたします。必要事項をご記入の上、劇場内設置の指定応募箱にご投函ください。
【プレゼント】 氷川きよし特大ポスター(1,030mm×1,456mm,特大パネルと同デザイン)
応募された方の中から抽選で5名様にプレゼントいたします。
【当選の発表】 ポスターの発送をもって、発表にかえさせていただきます。

直筆サイン入り明治座公演ポスター(非売品)プレゼント

3回目の氷川きよし明治座座長公演を記念して、お客様にスペシャルな企画をお届けいたします。
初日から千穐楽までの各ステージで、1階席、2階席、3階席それぞれのお客様の中から抽選で1名様ずつ、
「氷川きよし直筆サイン入り明治座公演ポスター(非売品)」をプレゼント。

氷川きよし直筆のサインと日付が入った、1ステージに3枚だけのスペシャルな記念の品を手に入れるチャンスをお見逃しなく!

【対 象】 初日から千穐楽まで全ステージ。ご来場のみなさま全員。
【プレゼント】 氷川きよし直筆サイン入り明治座公演ポスター(非売品)(直筆サインと日付入り)
1ステージにつき1階、2階、3階から各1名様、合計3名様(全ステージで合計129名様)にプレゼントいたします。
【当選の発表】 第二部「氷川きよしコンサート2015in明治座」にて≪座席番号≫で発表いたします。
【プレゼント引換方法】 終演後、1階エントランスの受付にて、半券をご提示ください。

囲み取材が行われました。

明治座3月「氷川きよし特別公演」は、
「め組の辰五郎~きよしの大江戸千両纏(まとい)~」「氷川きよしコンサート 2015 in 明治座」の2本立て。
この日、氷川きよしは辰五郎に扮し、纏を振る姿を報道陣の皆様に披露いたしました。
デビュー記念日をお祝いするサプライズケーキが登場!
(氷川)おかげさまで今年デビュー16年目に突入できました。心からの感謝の気持ちでいっぱいです。
また3月は一ヶ月、2年ぶりの舞台が始まりますので、一生懸命がんばりたいと思います。
皆様に笑顔で楽しんでいただける舞台にしたいと思っております。

デビュー記念日

囲み取材が行われました。
Q:デビュー記念日おめでとうございます。お祝いのケーキが用意されていましたが。
(氷川)ありがとうございます。聞いていなかったのでびっくりしました。
昨日はひとりだけ“デビュー記念日おめでとう”のお祝いのメールをくださいました。いつも司会をして頂いている西寄ひがしさんからだったんですが、うれしかったです(笑)。ここまで歌わせていただけて、感謝しかありません。長いようで短かった15年でした。
忙しくお仕事をさせていただけることがありがたくて、その1回1回の仕事に対して、感謝の気持ちを持ち続けていきたいと思います。
次は20周年に向かってのスタートだと思っています。前向きに歌っていけたらいいな、と思いますし、幅広い老若男女の皆様に喜んでいただける曲に出会いたいと思います。
Q:16年目はまず舞台からスタートですね。
(氷川)今回は2年ぶりに芝居とショーに取り組ませていただきます。前回までの2回は「銭形平次」に挑戦させていただき、若かりし頃から成長していく姿を見ていただきました。今回は「め組の辰五郎」の成長を見ていただきます。
Q:今回の役どころと、6キロあるという纏をもった感想をおきかせください。
(氷川)今回の役どころは「火消しの辰五郎」です。纏はスチール撮影の時に初めて持ちましたが、もっと様になるようにお稽古していきたいと思っています。
Q:どんなところを中心に見ていただきたいですか?
台本を読ませていただきましたが、すごく人情味にあふれる明るい辰五郎がえがかれていました。そんな辰五郎に、少しでも近づけたらと思います。また見ていただく方が温かい気持ちになったり、笑顔になっていただけるような辰五郎になっていきたいと思っています。
Q:前回の「銭形平次」はアドリブをなさってましたが、今回もそんな場面がありますか?
(氷川)今回は、台本通りに真剣に取り組みたいと思っています。でも、中日が過ぎて慣れてきたり、お客さまが笑ってくださったりすると、ちょっと調子に乗ってしまうところもあるのでやってしまうかもしれませんね(笑)。
Q:昨年末の紅白歌合戦でもかつら姿を見せていただきましたが、かつらには慣れましたか?
(氷川)初めての劇場公演ではかつらをつけませんでしたし、かつらは以前、苦手だったんです。でも今ではほっとするような、気が引き締まるような感じがします。
Q:劇場公演ならではの氷川さんのこだわりがありますか?
(氷川)明治座は、ライブ会場のようにお客様と近い感じがして、一体感があります。お客様にもそのライブ感を楽しんでいただきたいと思います。芝居中にお客様があいの手を入れてくださったりすると、最初はびっくりしますが、やっぱりうれしいですね。
Q:ラブシーンなどがあるとお客様から「やめて~」など声がかかったりしてましたね。
(氷川)演じている方は、そういう声がかかると気持ちいいですね。でも今回はないので(笑)。
Q:コンサートより長時間ですから、お客様には満喫していただけますね。
(氷川)そうですね。幕間でもお客様にはお食事をしていただいたり、楽しんでいただきたいですし、明日の活力になるような芝居とショーにしたいです。今回の公演はとてもワクワクしています。台本を読むだけでも、辰五郎の心情がよくあらわれていて、自分自身、感情があふれて涙が自然に出るような感じを受けました。

纏を振る

Q:6キロの纏を持つにあたってなにかトレーニングをされていますか?
(氷川)纏を担ぐだけでも鍛えられますが、公演に向けて鍛えたいですね。先日ジムで少しトレーニングをしました。もう40近いので(笑)少しずつスタミナもつけないといけませんね。
Q:スタミナ源はなにを?
(氷川)以前は焼き肉!でしたが、もたれるようになって(笑)。今は、水炊きにはまっています。
Q:デビューから今まで止まることなく走り続けてこられましたが、ご自身で変わったなと思うところを教えてください。
(氷川)肌が水を弾かなくなったことですかね(笑)。
Q:明治座公演に望む意気込みを最後にいただけますか?
(氷川)3月は明治座で、芝居とショーの2本立てで、皆様に楽しんでいただけるように一生懸命がんばります。
また3月4日に新曲「さすらい慕情」も発売させていただきます。こちらもよろしくお願いいたします。