明治座

明治座明治座チケットセンター 営業時間 10:00~17:00
03-3666-6666
拡大



作品紹介

原作/小山ゆう「あずみ」(小学館刊)
構成・演出/岡村俊一
出演:黒木メイサ 生田斗真(ジャニーズJr) 長谷川純(ジャニーズJr)
    山本亨 山崎銀之丞・涼風真世 的場浩司 他



製作・明治座  制作・アール・ユー・ピー  協力・ゆうプロダクション、小学館



時は戦国
徳川と豊臣が争いを続け、天下はいまだ混沌とした時代。
人々の心は荒れ、野は焼けただれ、国はもはやその形を失いつつあった。
そんな戦国の世に刺客として育てられた美しい少女・・・あずみ。
人里離れた山奥で育ち、男と女の違いも知らず、人の命を奪う意味も分からず、
ただただ天下一の刺客になるべく育てられた子供達。
好きな友も、幼子も、そして時には仲間の命ですらその手で奪わねばならない。
人間は大きな使命を果たしてこそ生きる意味がある。
あずみ達は自らの運命を知らぬまま、戦国の乱世に身を投じてゆく──


《あらすじ》
時に慶長五年、関ヶ原・・・。合戦の傷跡も生々しいこの地に、赤子の泣き声が
響き渡っていた。生きる術を持たぬその子を拾い上げたのは、「枝打ち」という
密命を負った小畑月斎(山本亨)。

そして十年後、月斎の育て上げたあずみ(黒木メイサ)、うきは(生田斗真)は、
仲間と共に豊臣恩顧の大名を次々と暗殺してゆく。

加藤清正の重臣井上勘兵衛(的場浩司)、またその忍びの頭・飛猿(山崎銀之丞)
はいち早く味方の大名を狙う刺客の存在に気が付く。
大坂城では、味方の大名を次々に暗殺され淀の方(涼風真世)が怒り狂っていた。
これから家康と天下をかけて戦おうというこの時に、総大将たる豊臣秀頼(長谷川純)は、
戦いにまったく興味を示そうとしない。
天下を再び手中に収めるには、なんとしてもあずみを討ち取らなくてはならない。

刺客には刺客を・・・。あずみを斬るために勘兵衛は、人を斬ることだけが生き甲斐
という一人の手練れ最上美女丸(涼風真世/二役)を呼び寄せる。

なぜ、オレは人を斬らなければいけないのか・・・。
初めて感じた、人を斬るということへの恐怖。
己に課せられた過酷な運命に翻弄されながらも、次々と人を斬っていくあずみ。
数々の出会いと死別・・・。そしてついに始まる戦。そのとき、あずみの選んだ道は・・・?
あずみが己の使命の果てに見いだしたものとは・・・?

夜叉か菩薩か・・・。美しき刺客・あずみが今よみがえる。

プログラム販売

今月の公演プログラムをはじめ過去に上演されました公演プログラムのお申し込みを受け付けております。
観劇にお越し頂けなかったお客様や、お買いそびれてしまった方は、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら

折詰のお弁当

幕間にお座席でお召し上がりいただけるお弁当。ご予約はお早めに!!

詳細情報こちら