明治座

明治座明治座チケットセンター 営業時間 10:00~17:00
03-3666-6666
拡大


作品紹介

台本構成・演出: 鴨下信一

思い焦がれて、千年。
ふたたび、その恋の炎が燃え上がる。

各地で大好評の「白石加代子の源氏物語」。
源氏物語生誕1000年でもある記念すべき本年は、新作「宇治十帖」がお披露目です。
光源氏の孫たちの、宇治を舞台にした美しくそして儚い愛の物語が、白石加代子という語り部と出会い、極上のエンターテインメントとして皆様にお届け致します。
どうぞご堪能下さい。

今年千年の歴史を紡いだ源氏物語に、白石加代子が新たな伝説を刻む。

鴨下さん、白石さんのぴったり息のあったコンビによる「源氏物語」にすっかり酔わされてしまった。
鴨下さんが原文とわたしの訳を駆使し、それを加代子さんが見事に噛み砕き、美味しい蜜にかもして観客に食べさせてくれる。
できるなら、このコンビで「源氏物語」の全編を聴かせ、観せてもらいたい。
―瀬戸内寂聴(現代語訳)


光源氏の次の世代が登場する「宇治十帖」は、どうもいま、不幸な浮舟ひとりが強調され過ぎていないだろうか。
大君と中の君の姉二人も同じように〈運命の女〉で、これは美しい三姉妹と、薫大将・匂の宮、五人のはらはらする〈危険な関係〉と複雑な心理の物語なのだ。
二人の貴公子も、よくいわれるように、その性格の違いだけが描かれているわけではない。
二人はもう充分に大人で地位も身分もあり、世間になれてけっこう裏も表もある。
そういうところは紫式部は辛らつな観察者だから、その筆はとても痛烈だ。
源氏と、女三の宮と柏木の不倫が主題の「若葉の巻」が〈古典でもある近代小説〉ならば、これは〈古典でもある現代小説〉だろう。
そのおもしろさを瀬戸内寂聴さんのいきいきした現代語訳に、深い美しさの原文を混ぜて、白石加代子さんの朗読で楽しんでいただきたい。
―鴨下信一(台本構成・演出)

プログラム販売

今月の公演プログラムをはじめ過去に上演されました公演プログラムのお申し込みを受け付けております。
観劇にお越し頂けなかったお客様や、お買いそびれてしまった方は、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら

折詰のお弁当

幕間にお座席でお召し上がりいただけるお弁当。ご予約はお早めに!!

詳細情報こちら