明治座

明治座明治座チケットセンター 営業時間 10:00~17:00
03-3666-6666
拡大


スタッフ・キャスト
原作: 司馬遼太郎「一夜官女」(中公文庫刊)より
脚本: 齋藤雅文 演出:西川信廣
出演: 中村梅雀 菊川 怜 音無美紀子 石倉三郎
          青山良彦 江藤 潤 なべおさみ 新谷真弓 他

あらすじの紹介
※以降の記述には、物語の詳細な内容が含まれます。
  予めご了承の上、ご覧下さい。

~第一幕~
時は戦国時代。織田信長の家臣・伊藤七蔵政国(中村梅雀)は戦で大手柄を立てる。意気揚々と家に戻った七蔵が目にしたのは、遊び浮かれる女たちの姿だった!妻・小梅(菊川 怜)や母・桃(音無美紀子)の派手な着物姿に呆れ怒る七蔵を尻目に、小梅は七蔵の稼ぎがわかるやいなや、呉服商との商談に入る始末・・・。

さかのぼること2年前―。信長の三好攻めで、逃れ出たのは三好方の夕姫。そこには侍女である小梅の姿もあった。姫を守るために影武者を命じられた小梅は、すぐに野武士に見つかり襲われてしまう。その窮地を助けた男こそ、七蔵だった!「私をここから連れて逃げて!」と懇願された七蔵は、小梅を引き連れ岐阜に戻ることに。敵方の姫様を連れ帰ってしまったと思いこんでいる七蔵と桃は、打ち首を怖れて必死に隠そうとするが、美しい女子の存在は瞬く間に知られてしまう。あっという間に噂は広まって、小梅は七蔵の「許嫁」だともてはやされてしまうが・・・

~第二幕~
半年後、すっかり伊藤家の「嫁」となった
小梅の“着道楽”が始まっていた。伊藤家は火の車なのだと説得する桃に、あどけなく「それで?」と返す小梅。しかし、夜の寝所では「仮の夫婦だ」と頑なに七蔵を拒み、指一本触れさせない。そんな状況に、小梅を愛しながらも七蔵はもがき苦しんでいた。一方、安土城では信長(青山良彦)と家臣が小梅の話で持ちきりであった。七蔵は、自分の兜を買う金を小梅の道楽のために惜しむため、皆が「編笠七蔵」などとさげすむ中、一人信長は小梅を「名軍師かもしれぬ」とつぶやく。

そんなある日、木下藤吉郎(石倉三郎)と石黒助右衛門(江藤 潤)は、おてん(新谷真弓)という一人の女性を連れてくる。聞けば、七蔵の側室になるとのこと。困惑する七蔵をよそに桃と小梅はおてんを歓迎するのだが・・・





~第三幕~
出世した七蔵の家は見違えるほど立派なものになり、小梅は都の風流踊りの面々が庭で踊るのを嬉しそうに見ていた。そこへ七蔵が戦から戻ってくるが、桃や伊藤家の家来までもが踊りを楽しむ姿にへたりこむ。その側には小梅の散財により、建てられぬままの長屋の木材が積まれており、七蔵は私腹を肥やしているのではないかと、ご家来衆より疑われてしまう。七蔵への疑いを晴らすために、小梅が弁明を始めたことが原因で、七蔵は小梅の正体を知ることに! 騙されたと悲しみにくれながら、七蔵は信長の待つ安土城へ登城する。そこで信長は「小梅をくれ」と七蔵をからかうのだが・・・。
そして本能寺の変が勃発。信長が討たれ混乱する最中、小梅は明智方の侍に襲われまたもやピンチに。七蔵と小梅、二人の行く末やいかに!
笑いと涙の戦国めおと話を、ぜひ劇場でご覧ください!

※本公演の内容は、一部史実に沿っていない部分がございます。
  予めご了承ください。

プログラム販売

今月の公演プログラムをはじめ過去に上演されました公演プログラムのお申し込みを受け付けております。
観劇にお越し頂けなかったお客様や、お買いそびれてしまった方は、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら

折詰のお弁当

幕間にお座席でお召し上がりいただけるお弁当。ご予約はお早めに!!

詳細情報こちら