明治座145th Anniversary Project
四季喜昇座 - 時を紡ぐ緞帳

明治6年、日本に新しい演劇の風を吹かせようと「喜昇座」という名の劇場が開場しました。
これが現在、東京で一番長い歴史を持つ劇場となった明治座の始まりです 。

昨年、お陰様で明治座は創業145周年を迎えました。
これもひとえにお客様のご支援の賜と心より御礼申し上げます。

この度、長い間支えていただいた多くの皆様へ感謝を込めて、今までにない驚きと感動をお届けするべく、アート集団チームラボが手掛ける緞帳を披露いたします。

職工の手により彩糸一本一本が折り込まれた緞帳は、日本独自の工芸美が凝縮された“劇場の顔” とも言うべき象徴的な存在です。創業145周年を記念して新調する緞帳では、その芸術性をデジタルによる映像表現でダイナミックに再現し、新たな価値を創出します。

明治座が創業以来大切にしてきた理念と常に挑戦し続ける姿勢を融合させた、まさに“伝統と革新”を体現するような緞帳です。喜昇座開場当時の活気に満ちた日本橋の賑わいがデジタルテクノロジーによって生き生きと動き出す、新しい芸術体験。四季折々で表情を変えながら、美しく移ろい続ける緞帳の世界をお楽しみください。

明治座は、これからも日本が誇る芸術文化のすばらしさを発信し続けてまいります。
引き続き変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

チームラボが手掛ける、時とともに変わる緞帳
四季喜昇座 - 時を紡ぐ緞帳
teamLab, 2019, Digital Installation, Endless

明治座の前身である喜昇座が誕生した文明開化頃の日本橋の町並みと人々の営みを描いている。
当時の多様な職業や、歴史上の人物も町に登場する。作品世界は、実際の日本橋の天候に連動し、また、時間や季節とともに、日々変わっていく。日々の日本橋の日の出とともに明るくなり、日の入りが近づくと夕焼けになり、夜が深くなるにつれ暗くなっていく。そして、それに合わせて人々の営みも変わっていく。今、日本橋で雨が降っているならば、作品世界でも雨が降る。また、季節に合わせて、凧揚げ、お花見、お祭り、雪景色などの季節の営みが見られる。

公開日:2019年4月11日(木)

※注意事項
本緞帳は、原則として明治座主催公演における【開場から開演10分前まで】の時間帯にて公開いたします。
尚、諸事情により、予告なく変更や中止する場合もございますので、予めご了承ください。
対象公演をご観劇の方のみご覧いただけます。
対象公演はこちらをご確認ください。明治座公演一覧ページ https://www.meijiza.co.jp/info/

春 Spring
夏 Summer
秋 Autumn
冬 Winter

チームラボ

アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、デザイン、そして自然界の交差点を模索している、学際的なウルトラテクノロジスト集団。
アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。
47万人が訪れた「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」(2014年)、「ミラノ万博2015」日本館をはじめ、シリコンバレー、台北、ロンドン、パリ、ニューヨーク、中国、シンガポールなど国内外で常設展およびアート展を開催。東京・お台場に「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」を常設。2020年秋まで東京・豊洲に超巨大没入空間「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」を開催中。2019年3月23日からTANK Shanghai(中国・上海)にて、「teamLab: Universe of Water Particles in the Tank」開催。
https://www.teamlab.art/jp/

OFFICIAL SUPPORTER
オフィシャルサポーター

「四季喜昇座 - 時を紡ぐ緞帳」は、未来に続く芸術文化創造の趣旨にご賛同いただいたオフィシャルサポーター企業の皆様にご協力いただいております

  • アサヒビール株式会社
  • 全国共済農業協同組合連合会
  • 株式会社竹中工務店
  • 株式会社みずほ銀行
  • 三井不動産株式会社
  • (五十音順)