明治座

明治座明治座チケットセンター 営業時間 10:00~17:00
03-3666-6666

3月17日辰野町PRデー“日本ど真ん中・ 日本一のゲンジボタル里 ”「信州たつの物産展」開催

 水森かおりさんの 明治座初・単独座長公演を祝しまして、日本の中心でも知られる 「信州辰野町」は、信州の豊かな自然で育ち、作られた 物産で「飲」「食」を楽しんでいただける物産展を開催します。

 「飲」は、銘酒「夜明け前」や辰野町で育てられたリンゴと洋ナシを使った「ドラゴン・シードル」などの試飲や販売をします。

 「食」は、辰野町で育ったえごまで作られた“みそ”や“油”、“一味唐辛子”や“はちみつ”など用意してありますので、この機会に辰野の食の魅力を堪能してください。

 また、辰野町には、たくさんの観光スポットがあります。特に毎年6月に開催されます「信州辰野ほたる祭り」には全国から大勢の観光客で賑わいます。今年の「第71回信州辰野ほたる祭り」のご案内もします。

日本の中心の中心

 辰野町の大城山山頂から北におよそ1km離れた地点にある、「日本の地理的中心ゼロポイント」。ゼロポイントとは、緯度・経度が00分00秒で交わる地点のことで、国内に40箇所あるといわれています。辰野町には、北緯36度00分00秒・東経138度00分00秒が交わっているゼロポイントがあります。

 2018年9月21日放送のNHK「チコちゃんに叱られる!」にて、"日本の中心のなかの中心地"として辰野町が紹介されました!"日本の中心のなかの中心地"は、ゼロポイントから10mほど離れた地点にあります。

ポスター

ポスター

ゼロポイント 大城山から望む伊那谷

信州辰野ほたる祭り

 「ほたる童謡公園」は日本一のゲンジボタルの名所として知られています。毎年6月中旬ころに「信州辰野ほたる祭り」が盛大に開催されます。多い日には1万匹を超えるゲンジボタルの大乱舞が見られるほか、JR辰野駅前からの通りには200軒近い屋台が並び、特に土日は歩行者天国になることから、全国から多くの方が訪れます。

ポスター

日本一のゲンジボタル乱舞
ポスター

辰野駅前のお祭り風景

「清酒 夜明け前」

 創業は元治元年(1864年)。文豪 島崎藤村 所縁のこの名酒は、恵まれた自然の中、厳選された酒造好適米を使用。伝統である「丁寧な手造り」を代々守り通している一方、新しい技術を積極的に導入するなど日々の研鑽の中で育まれてきています。現在は、地元はもちろん大都市や各地方においても評価が高まっています。

ポスター

「ドラゴン・シードル」

 地元にこだわる仲間が集結し、地元+辰野町食の革命プロジェクト+上伊那で特徴あるシードルを作ろう!と、プロジェクト始動!

 少ない本数だからこそ手間を惜しまず、高品質な完熟リンゴを8種類もブレンドすることで味に深みを出し、香りを上げるためにラ・フランス(洋ナシ)も加えて醸造したシードル。完熟リンゴを贅沢に8種類も使ったシードルは他にはなく、味わい深い大人の味であなたを魅了します。

ポスター

えごま油・えごま味噌・えごまパウダー

 辰野町はえごま栽培に取り組んでいます。健康に良いと話題のえごま。美肌、動脈硬化の予防、糖尿病の予防、うつ病の予防など、様々な効果が期待されています。熱処理をしない生搾りえごま油とえごまパウダーを、日々の生活に取り入れてみてください。えごま味噌は、すりつぶしたえごまがたっぷり入った実味噌、えごま青唐味噌、えごまの葉がたっぷり入ったえごまの葉味噌の3種類があります。

この他、お菓子類、はちみつ、キューブ米、一味唐辛子なども当日販売を予定してい ます。