RECRUITING SITE

エントリー
ENTRY

人事担当役員メッセージ

取締役管理本部長/劇場支配人野田勇樹

多様な人材が活躍する明治座。
明治座で働くとはどういうことなのか、自身の経験を交えながら人事担当役員が語ります。

お食事やお土産をも提供できる劇場

明治6年の創業以来、長く興行を続けてきた歴史の中で、明治座の特徴的な営業方法が団体のお客様に対するセールスです。首都圏近郊、遠くは東北地方まで様々な業種の企業や団体に出向き、観劇会を提案します。
幕間には館内の食堂でお食事、ご家族へのお土産も付け、みなさんで楽しい一日を過ごしていただきます。貸切の場合は開演前に舞台で企業様の式典などを実施することも可能です。その団体営業のスタイル、そして公演内容のみならずお食事やお土産をも、自社で一貫してお客様に提供できることが明治座の強みです。

お客様に喜んでいただくこと
信頼を失ってはならないという責任

実は私のキャリアのほとんどが営業職での経験です。20代~30代の頃は連日お客様の元へ出向いていました。現在でも、開演前や終演後には劇場のエントランスに立ち、お客様から直接お声を頂戴する機会を持つようにしています。営業当時に担当していたお客様が今でも明治座を利用してくださっている姿をお見かけすると、非常に感慨深いですね。
明治座に対するお客様の信頼は非常に厚く、長年築き上げられた信頼関係があります。私たちの仕事に対する喜びは、お客様に明治座へ足を運んでいただき、そして喜んでいただくことです。一方で、信頼を失うようなことがあってはならないという責任も担っているのです。

『楽しいお芝居と美味しいお食事』を進化させながら、
新しいことにもチャレンジ

時代は目まぐるしく変わり、ライフスタイルも急激に変化しています。
しかし、ライブエンターテインメントの感動、興奮、そして皆で楽しむ一体感というのはいつの時代も変わらないはず。「楽しいお芝居と美味しいお食事」をお客様に提供する明治座のノウハウを進化させながら、今までのやり方にとらわれず、私たちは新しいことにもチャレンジしています。 外部と手を組んだ新しい演目、これまでにない販売方法、宣伝方法、そしてこれから本格的に始めることになった映像の配信・・・。年齢・性別を問わず、明治座で喜んでいただくためにどうすればいいのか、社員みんなで考え、力を合わせ、仕事に取り組んでいます。

このような状況だからこそ
お客様に感動を伝え続けることが使命

新型コロナウイルスの影響により2020年の3月より半年もの間、公演を中止しました。しかし明治座には、戦争や災害を乗り越え、困難な状況でも立ち上がってきた歴史があります。国内外が未曽有の危機に直面する今、むしろこのような状況だからこそ、お客様に感動を伝えるために誰もが気軽に心から楽しめるコンテンツを提供し続けることが使命だと考えています。

最初はどんな失敗をしてもいい、まずはやってみて

華やかなイメージが強いかもしれないエンターテインメント業界ですが、実際には地道な仕事の積み重ねです。どのような場面であっても、丁寧に仕事に取り組む人材であってほしいと考えています。 また、新入社員には毎年、「最初はどんな失敗をしてもいい。失敗しても、はじめのうちは先輩がすぐに解決できる。だからまずはやってみて、不安なことがあれば何でも相談してください。」と話しています。 まずは言われた通りにやってみて、謙虚な気持ちで仕事を覚える心構えが必要だと思います。社員には常々、部下や後輩、特に新入社員には丁寧に指導するように伝えていますので、スキルや知識、そして考え方を吸収してください。

いくつかの部署を経験してキャリアを積み、
成長しながら会社に貢献してほしい

一通りの仕事を身につけてからは、自分自身を存分に発揮する場です。お客様に喜んでいただくためには何をすればいいのか良く考え、周囲の人と協力し、たくさんのことに挑戦する人材になってほしいですね。 明治座には興行部門、料飲部門、管理部門など様々な部署がありますので、いくつかの部署を経験してキャリアを積み、成長しながら会社に貢献していただきたいと思っています。そのために管理本部長として、社員一人一人が今、もっとも相応しい仕事は何かを常々考えています。

これまで大学で学んできた分野にとらわれず
選択肢を広く持っていただきたい

劇場で働くということはどういうことなのか想像してみてください。公演を制作する、宣伝する、チケットを売る仕事だけでなく、劇場の中には食堂や売店もあり、他に私が現在担当している管理部門のように総務や人事の仕事、経理の仕事、システムの仕事などがあります。 このように業務内容は多岐にわたりますので、文系理系問わずさまざまな学問を学んできた人が活躍しています。就職活動中の学生の皆さんには、これまで大学で学んできた分野にとらわれずに選択肢を広く持っていただきたいと思いますし、弊社にも幅広い学部学科の方から応募していただけたらと考えています。

お客様で賑わう劇場のすぐそばで仕事をすること

 また、弊社の全ての業務に共通して言えることは、毎日劇場で様々なジャンルの公演が行われ、そのすぐそばで仕事をするということです。明治座のオフィスは、劇場と同じビル内にあります。オフィスの扉を開けて1歩踏み出せば、そこはお客様で賑わう劇場の中。役者の台詞や流れる音楽、お客様の声援と拍手が聞こえてきます。その全てを常に感じながら働く、このような環境をもつ会社はなかなか珍しいのではないでしょうか。 世の中には色々な会社があり仕事がありますので、じっくり考え、選ぶ必要があると思います。その中で明治座に少しでも興味を持っていただけた方と、ぜひお会いして、ご縁があれば一緒に仕事ができれば嬉しいです。


PAGE TOP