明治座

明治座明治座チケットセンター 営業時間 10:00~17:00
03-3666-6666

明治時代、世界を舞台に大輪の華を咲かせた日本初の女優「川上貞奴」―。
激動の生涯を石川さゆりが熱演いたします!
そして第二部、オンステージでは数々の心に染み渡る珠玉の名曲を。
40周年を迎える石川さゆりのメモリアル公演にどうぞご期待下さい!!

東日本大震災復興支援石川さゆり着物チャリティーオークション

一日も早い被災地域の復興を願いまして、「石川さゆり特別公演」期間中、明治座劇場内にてチャリティーオークションを行います。売上金は、諸経費を除いた全額を、東日本大震災で被災された方々に対する義援金として、中央共同募金会をはじめ被災地の支援活動を行うNPO・ボランティア団体を通じて送金させていただきます。チャリティー結果は、石川さゆりオフィシャルウェブサイトおよび本サイトにてご報告させていただきます。

今回のオークションについて

実際に着用した石川さゆり所有の着物を、石川さゆりが厳選。デビュー40周年にちなみ、40点の着物を、心をこめて選びました。

入札方法

公演期間中に劇場内でお配りする入札票に必要事項をご記入の上、ご入札ください。

※入札権利は、「石川さゆり特別公演」をご観劇なさった方のみとさせていただいております。

・入札期間は、以下の4期間に区切らせていただいております。

各期間、おひとり様1回のみ入札が可能となります。

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。
ご使用されているパソコンのモニタおよび携帯電話のメーカー・機種・画面設定等により、実際の商品の色と異なって見える場合がございます。予めご了承下さい。

<第1期間>2012年3月14日(水)~3月20日(火・祝) 計10着

<第2期間>2012年3月21日(水)~3月27日(火) 計10着

<第3期間>2012年3月28日(水)~4月3日(火) 計9着

<第4期間>2012年4月4日(水)~4月10日(火)※郵送の場合4月15日(日)まで受付 計11着

各期間の上位落札者に、対象商品のいずれか一着を発送いたします(送料無料)。お送りする着物は抽選により決定いたします。落札者がご指定いただくことはできませんので予めご了承ください。

・落札者には、以下のスケジュールにて、商品を発送させていただきます。
《落札のお知らせ》 落札者にのみ4月30日(月・祝)までに郵送にてお知らせいたします。
《振込》 5月15日(火)までに入札金額を指定口座へお振込みください。誠に申し訳ありませんが振込手数料はご負担ください。
《商品発送》入金確認後、5月中に商品発送いたします。

ご入札の際は、以下の注意事項を必ずお読みになり、ご理解いただいた上でご入札くださいますようお願いいたします。

本オークションに関するお問い合わせ  03-3660-3989(明治座営業部)

《注意事項》

※入札期間外の入札はできません。

※18歳未満の方の入札はできません。

※転売目的の入札はお断りいたします。また転売行為防止のため、証明書等は発行できませんのでご了承くださいますようお願いいたします。

※入札票に必要事項漏れや不備がある場合は無効とさせていただきます。

※同一価格が入札された場合、抽選とさせていただく場合がございます。

※期間内に指定口座へご入金を確認できなかった場合や禁止行為等により落札者が落札権利を失った場合、落札権を次点の方へ移行させていただきます。

※お送りする着物は抽選により決定いたします。落札者がご指定いただくことはできませんので予めご了承ください。

※配送先は日本国内のみとなります。

※着物サイズの目安は身長155cm前後用となります。落札後のお直し等はお受けすることができません。

※品物は新品ではない為、傷・汚れ等がある場合もございます。ご了承ください。

※入札および落札後のキャンセル・返品はできません。

※明治座は、次のいずれかに該当すると判断した場合、落札者に対し事前に通知することなく直ちに落札権利をはく奪することができるものとします。

  • 1.オークションを妨害する行為
  • 2.冷やかし、嫌がらせ目的など、購入する意思を伴わない入札行為
  • 3.他人を装い入札するなど、当座および第三者に迷惑・損害を被らせる恐れのある行為
  • 4.法令に違反する行為
  • 5.本規約等に違反する行為
  • 6.その他、当座が不適切と判断する行為

※いただいた情報は、明治座が厳密に管理し、今回のチャリティーオークション以外には使用いたしません。

※中央共同募金会:1947年8月に社会事業共同募金中央委員会が発足、1952年5月に社会福祉法人中央共同募金会として認可。全国47都道府県共同募金会の連合体で赤い羽根をシンボルとする共同募金運動の全国的な企画、啓発宣伝、調査研究、都道府県共同募金会の支援等を行っています。

「石川さゆり40th記念日」、スペシャルステージ+終演後囲み取材の様子をレポート!

3月25日(日)は石川さゆりのデビュー日です。40周年という記念すべき年に当たった今年は、第二部「石川さゆりオンステージ 歌日和」を、一日限りの特別バージョンでお届けいたしました。

オンステージは、石川さゆりが客席から登場するサプライズからスタート。
中盤では、ご来場のお客様から集めたリクエスト110曲の中から、石川さゆりが抽選で8曲を選曲し、その場で歌い上げるというスペシャルな趣向が披露され、客席は大盛り上がり。舞台に向けて、盛大な拍手が送られました。また、このリクエストコーナーに限り写真撮影が許可されると、場内はまたたく間に無数のフラッシュと興奮でいっぱいになりました。

この日は、石川さゆりが震災後に訪ねた宮城県東松島市の皆様に、東松島の大曲浜地区で伝承されてきた「獅子舞」を披露いただきました。次いで石川さゆりが、「獅子舞」の合間に唄われる「浜甚句」をベースにして、人々の姿や暮らしを歌った新曲「浜唄」(3月25日発売)を披露し、記念日に相応しい、温かく感動的なステージとなりました。

終演後の囲み取材では、石川さゆりに、故郷・熊本県から駆けつけた、くまもとサプライズキャラクター「くまモン」から、お祝いの花束が贈られとても和やかな会見となりました。

<終演後囲み取材>

Q:40周年の特別ステージを終えられて、いかがですか?
石川:今日まで歌ってこられたことの幸せを感じています。でも今日は...(指折りで数えて)5時間を超えてしまったんですね!すみません。明治座の方から「記録的に長かったです!」と言われてしまいました。いつも応援してくださる皆さんにお届けしたい曲は、まだまだあったのですが・・。それに昔の歌を歌うと、その歌を作った時、歌った時を思い出しますね。
Q:ちょうど今日がデビュー日ということですが、その日のことは覚えていますか?
石川:もちろんです。熊本の水前寺体育館というところで、デビュー記念発表会と銘打って、コンサートをしました。
今日と同じよく晴れた日曜日で、たくさんのお客様にいらしていただいたのを覚えています。

Q:40年と一言で言っても、いろいろなことがあったと思います。
石川:そうですね。歌っていなくても40年という月日は長いものですから。
Q:歌手・石川さゆりとして、40年で一番思い出に残っていることなどはありますか?
石川:一番といわれると難しいですが・・、そういう意味では、今日は忘れられない日になりましたね。去年の大変な震災の被害の中で、(今日のステージで獅子舞を舞っていただいた)大曲浜のみなさんとの出会いがありました。歌を歌って人と人とが繋がっていくということと、歌い続けることで、自分が何かの役に立つことができると感じられたことが、とても嬉しかったです。
これからも自分にできることを続けていきたいです。

Q:新曲「浜唄」が披露されましたが、これはどのような歌ですか?
石川:この歌は、作ろうとして生まれた歌ではありません。
去年、東北の被災地を訪れた際に、大曲浜の浜甚句に出会いました。大曲浜は、祭りも神社も、すべてが消えてしまった地域です。浜甚句を歌う方々も、津波で亡くなられました。そんな中、「自分たちの町が何か新しい一歩を踏み出すことができるとすれば、それは祭りを復活させることだと思う。」と話す若い方たちを知りました。でも彼らは、「自分たちでは、祭りで歌われる浜甚句を歌えない」と言うんですね。
長老が一人いらして、浜甚句を聞かせて頂くと、本当にいい歌なんです。ですが、譜面に起こすことができない為、若い方々に広める手段に窮していました。そこで、私が長老の方から浜甚句を教えて頂いて、若いみなさんに覚えていただいたんです。
大曲浜の祭りは、300年以上も続いてきたお祭りです。今年の一月に大曲浜の祭りが復活したと伺いました。これからも、若い方たちには自分たちの浜甚句を歌い継いで行って欲しいと、心から期待しています。
「浜唄」は浜甚句をもとにして、なかにし先生に書いていただきました。「浜甚句というこんなにいい歌を、日本中のみなさんに知ってほしい。」「人と人とのご縁みたいなものを、日本中のみなさんに伝えていきたい。」40周年を迎えた、これからの石川の歌という思いで、歌わせていただいております。

Q:「浜唄」の作詞を手掛けられたなかにし先生が第一部のお芝居「貞奴 世界を翔(かけ)る」の脚本も書かかれていますね。
石川:「貞奴 世界を翔(かけ)る」はとにかくエネルギーいっぱいのお芝居なんです。なかにし先生には、「出演者みんなが本気で夢中になって、そのエネルギーをお客様に伝えてほしい」とアドバイスを頂きました。貞奴というのは日本の女優第一号になられた女性です。夢中になって前に進もうとする人のエネルギーが伝わればいいなと思います。
Q:今日のステージは特別バージョンということで、お客様も喜んでいらっしゃいましたね。
石川:バッチリと完璧に作り上げたステージも素敵ですが、今日みたいに何が出てくるか分からない、お客様と作り上げるステージも良いかと思いまして・・。今日のようなステージにいたしました。
Q:40周年を迎えられて、今後の目標などをお聞かせ下さい。
石川:目標を掲げるというより、その時その時、俊敏に反応できる自分を持っていたいと思います。いま何を歌うべきかを常に感じながら、今後も歌い続けていきたいです。
Q:最後に、改めてファンの方にメッセージをお願いします。
石川:40年経ったからこうだ。なんていうことはこれっぽっちもないんです。ひとつひとつの歌を、みなさんからの応援をいただきながら歌ってきたこと、歌と出会えたこと、たくさんの人と出会えたこと。みなさんが応援してくださったことが今日につながったのだということを実感し、嬉しい気持ちでいっぱいです。これからも私のできることをしっかりと一つずつやっていきたいと思います。