• エックス
  • youtube
  • facebook
  • Q&A
  • 11:00
  • 15:30

2004年10月公演 里見浩太朗特別公演 大石内蔵助/オン・ステージ

拡大

作品紹介

出演:里見浩太朗
酒井和歌子・丹阿弥谷津子・高嶺ふぶき・新橋耐子
伊吹剛・山下規介・嘉島典俊・藤堂新二
川辺久造・曾我廼家寛太郎・中村繁之・高松あい  他

演出・脚本/杉山義法
演出/金子良次
美術/織田音也

あの日から、あなたのお顔が変わりました。
許せリク、男には愛を捨ててもなさねばならぬことがある。

亡君の無念をはらしたいという「義」。
内蔵助を信じ、何も言わず寄り添ってくれる妻と子への「愛」。
その狭間で内蔵助は慟哭する。

………殿、お教えくだされ………
内蔵助は昼行燈と人に噂される程の凡人にござります、衆に勝れた才覚もなく、人並以上の
胆力もござりませぬ、そんな男に余りと言えば余りに重いお役目ではござりませぬか………
三百余名の家臣とそれに倍する家族達を抱え、内蔵助は何をなすべきか………
今の内蔵助は、さながら大海原の真っ最中で帆を失い、舵を奪われた船長の心境にござります………
お教えくだされ殿………
内蔵助はこの難破した赤穂丸を、いずこの港に着ければ宜しゅうござりましょうやッ………。

文・杉山義法

構成・演出/風間太郎
演出/片山鉱二