• エックス
  • youtube
  • facebook
  • Q&A
  • 17:30

2010年10月公演 五木ひろし特別公演 ショー特別ゲスト 長山洋子

拡大

スタッフ・キャスト

作品紹介
松竹新喜劇の不朽の名作が、装いも新たに明治座初登場!

大阪のとあるガード下。
失業の身でその日の生活もままならない浜本啓一は、たまたま大金の入った財布を拾う。浜本が我が物にしようとする心と、持ち主に返すべきだとする良心の間で揺れていると、同じく職を求め街をさまよう宇田信吉という人物と出会う。浜本は宇田の純粋な人柄に触れ、そのお金を持ち主に返す決心をするのだった。
意気投合した二人はお互いの成功を信じ、5年後同じガード下での再会を約束する。
そして時が流れ、再び出会った二人のそれぞれの人生とは―。

大坂から江戸へ、兄弟子二人と観音講でやってきた紺屋職人の久造。
「江戸へ来たからには、花の吉原へ行こう」
兄弟子たちに誘われるまま行った吉原で、高尾太夫の花魁道中に出会い、この世のものとは思えない美しさに見ほれてしまう。
大坂に帰ってきた久造だが、高尾が恋しいあまりにとうとう寝込む始末。
しかし親方から、いくら位の高い花魁でもお金を積めば会えると言われた久造は、寝る間を惜しんでお金を貯める決心をする。
そしてついに念願の高尾と再会した久造だったが―。

長山洋子を特別ゲストに迎え、深まり行く秋にふさわしいゴージャスな歌とステージを展開します!