• エックス
  • youtube
  • facebook
  • Q&A
  • 12:30

2010年12月公演 細川たかし 香西かおり 感動!にっぽん民謡歌紀行!

拡大

スタッフ・キャスト

出演:細川たかし 香西かおり

作品紹介
一、弥次喜多旅うた漫遊記

秋祭りで賑わう奥州街道の鍋掛宿。神社の境内には隅田川竜之介一座の小屋が掛かり、近隣の評判をとっていた。
そこを通りかかったのは、亀田藩の息女・鶴姫(香西かおり)。藩内の内紛を知らせる密書を携え、腹心の腰元と江戸へ向かう途中だった。
追っ手から逃れるため男装した鶴姫だったが、かえって怪しまれ危ういところを旅姿の弥次郎(細川たかし)に救われる。
見合いが嫌で家を飛び出してきたという弥次郎と、喜多八と名乗った鶴姫は意気投合し、一座と共に江戸を目指すことになる。
江戸を目前にした千住の宿で、一行に襲いかかる刺客たち。さらに弥次郎にも魔(?)の手が忍び寄る――。

劇中曲
「佐渡おけさ」「新相馬節」「伊勢音頭」「南部牛追い唄」「花笠音頭」ほか

二、生誕80年 三橋美智也よ永遠に!

戦後日本が生んだ最大の男性歌手、三橋美智也が生誕80周年を迎えます。今も日本人に愛されている彼の歌を、三橋流の名跡・三橋美智貴としても活動する細川たかしが中心になり歌い上げます。
「古城」「あの娘が泣いてる波止場」「リンゴ村から」「哀愁列車」「夕焼けとんび」「赤い夕陽の故郷」など・・・。
三橋美智也の思い出と共に名曲の数々がよみがえります。

三、細川たかし 香西かおり ヒットパレード

「望郷じょんから」「無言坂」などの二人の代表曲を和楽器奏者と共に繰り広げるヒットパレード。

※曲目変更の場合はご了承ください。