• エックス
  • youtube
  • facebook
  • Q&A
  • 貸切

舞台『応天の門』


菅原道真と在原業平、2人の才人が陰謀渦巻く平安の怪事件に挑む!
累計200万部突破の歴史漫画、豪華キャストで舞台化決定!!

公演期間

2024年12月

新着情報

2024/6/24

公演決定!

公式SNS

公演情報

原作

灰原 薬 『応天の門』(新潮社「コミックバンチKai」連載)

脚本

桑原裕子

演出

青木 豪

出演

佐藤流司 高橋克典 花總まり ほか

コメント

原作:灰原 薬
歌劇に続きまさかの二度目の舞台化、まだ騙されてるのでは?と疑い半分ですが明治座という大きな舞台で、豪華なキャストでどのような京のドラマを見せていただけるのか今から楽しみでなりません。
この発表までに色々なチェックをさせていただいておりますが、ああ! それよそれ! というような、
原作の意図を汲みに汲んでくださっているスタッフ皆様のプロのお仕事ぶりと解像度の高さに安心してお任せしております。
どうぞ皆様もご期待くださいませ。

菅原道真役:佐藤流司
今回、新しい挑戦の機会をいただけたこと、とてもワクワクしています
菅原道真は、静と動で言えば「静」の人間。
彼が平安の世をどう生きていたか、何を感じていたかを大切に演じていきたいです。
明治座での公演も人生初めてなので、非常に楽しみですし、
劇場でたくさんのお客様にご覧いただきたいと思っています。
皆さんに観に来てよかったと思っていただける舞台にできるよう頑張ります。

在原業平役:高橋克典
2024年大河ドラマ「光る君へ」でも話題の平安時代。この平安時代を舞台に描かれた大ヒット漫画「応天の門」。
引きこもり学生の菅原道真と共に事件を解決してゆく少将「在原業平」を演じさせていただきます。
物語の中では、デキるのか抜けているのか、どこか掴みどころのない、女性にモテモテの公卿様。
明治座公演ともあって、皆様が何度も観劇していただきたくなるような、魅力的で、かつ深い舞台となりますよう。
あまり馴染みのない平安の時を楽しんでいただけますよう全力で努めてまいります。
切れ者の道真との歴史物クライム・サスペンスをどうぞお楽しみに。僕もとても楽しみです。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。

昭姫役:花總まり
道真にとって頼れる存在である・昭姫。
遊技場を束ねる主人で、唐から来たバックグラウンドも持つ女性ですので、お稽古を積み重ねて、彼女の内面にある信念や葛藤を丁寧に表現していきたいです。
皆様にお楽しみいただけるよう精一杯演じますので、是非劇場に足をお運びいただけますと幸いです。

主催

舞台『応天の門』製作委員会

チケット情報

後日、発表いたします。

お問い合わせ